Apple Watchの発表で知っておくべき7つのこと

Apple Watchの発売日や情報が発表。予約開始は日本では、アメリカと同じ2015年4月10日~発売。今回は情報を改めて整理したいと思います。

スポンサーリンク
 

Apple Watchとは

 Apple Watch(アップル・ウォッチ)は、アップルが開発している、2015年3月10日日本時間午前2時にSpring Forwardで発表され、2015年4月24日発売のウェアラブルコンピュータ

ハードウェア
入力装置には独自のデジタルクラウンを採用。タッチパネルは圧力感知も可能になっている。 心拍センサー、加速度センサーを搭載。iPhoneとの連携によりGPSも利用可能となっている。なお、Apple Watchを使用するにはiOS Ver.8へアップデートされたiPhone5以降の端末が必要である。

ソフトウェア
OSは独自のWatch OSを採用。iPhoneとの連携機能を備えている。(引用:Wikipedia)

知っておくべき7つのこと

  1. 時を正確に刻む時計

    201503122
    ・世界標準時との誤差を0.05秒以内にとどめます。
    ・ナビや、天気、文字盤のデザインは無限大カスタマイズ可能。

  2. 新しいコミュニケーションツール

    201503123
    ・メッセージ通知等は、体感で感じることが可能。
    ・心拍数などを測ることが可能。
    ・自分の書いたスケッチ・タップが、相手のWatchに連動する。
    ・そのままWatchでメールの返信可能。(話したりする)
    ・電話も腕時計ですることが可能に。

  3. 日々の健康管理が身近に

    201503124
    ・アクティブ度数を測って表示してくれる。
    ・1日の座っている時間もわかる。
    ・消費カロリーを示してくれる。
    ・運動、エクササイズ中も使用可能。(防水で、雨でもOK)

  4. 連続使用時間は18時間

    ・1日1回の充電で使えるということです。

  5. 時計とイヤホンだけで音楽を聴くことも可能

    ・2GBまで保存可能らしい?
    ・iphoneを持っていれば、iphoneの曲をwatch経由で聴ける。
    ・bluetoothとwatchだけで、音楽を聴くことが可能になります。

  6. 連動アプリ数々と…

    ・twitterや、instagramなど多々あり。

  7. 多彩な価格

    201503125
    モデル同士でも、画面サイズや、
    バンドの種類、質によって値段が異なる様です。
    ○一番安いのはApple Watch Sport。(写真中央)
    -38mmのケースと42mmの2種類-
    38mm→\42,800(税抜)
    42mm→\48,800(税抜)

    ○普通のApple Watch。(写真左)
    -38mmのケースと42mmの2種類-
    38mm→\66,800(税抜)~\126,800(税抜)
    42mm→\71,800(税抜)~\132,800(税抜)

    ○高位モデルApple Watch Edition(写真右)
    -18金を使用、38mmのケースと42mmの2種類-
    38mmで128万円(税抜)~紹介省きます。

個人的には…

20150312
予約開始は2015年4月10日となっています。

ちなみに、買うのはアリだと思いますが、正直、この価格だったら、様子見かなってのが本音。iphoneもう一台買えたり、パソコン買えますしね。お洒落な腕時計は1万円~ありますし。だとしても、Appleファンなら、初期モデルでもあるこれは買いですね。

日本では、おそらく何年後かに受け入れられるかも?ですね。バッテリーや、今後の進化に期待して待ちたいかな。Androidの人はこの波に乗ってSmartWatchに挑戦はありかも?ちなみに、SmartWatchは1万~2万で売ってますよー。そのSmartWatchも近々紹介したいとは思います。

MORE

「Apple Watch」は一体何の役に立って便利なのか?が一発で理解できるApple公式ムービー登場」GIGAZINE
「Apple、ウェアラブル端末「Apple Watch」発表」ITmedia ニュース



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)