お酒に、ジュース?フリードリンク、飲み放題の元って取れるの?

歓送迎会の季節ですね。お酒にジュース、飲み放題ってやっぱりお得に見えますよね。でも、果たして元は取れるのか?

飲み放題とは

アルコールや、ジュースなどを一定料金で飲み放題にするシステム。基本的には時間制限がついており、その時間の中で自由に飲むことが可能になっている。

原価

ドリンクバー(1杯15~25円)


(日刊SPA!)

ドリンクバーは大体300円程度からありますよね。一杯15円で計算すると、元を取るためには20杯飲む必要があるわけですね。さすがにきついな。でも、1杯300円のジュースを頼むよりはかなり安くドリンクが楽しめますね。

アルコール飲み放題(30円~170円)


(日刊SPA!)

この幅はかなり広いですね。たいてい、アルコールの飲み放題は2時間980円~あります。2時間で5杯程度のめれば原価の高いものだと元は取れそうですね。

これを飲めば元が取れるかも?

●ドリンクバー→コーヒー・100%ジュース

100%ジュースは最も原価が高く、約30円だそう。でも、20杯飲んでやっと元がとれる計算ですね。コーヒーは砂糖やシロップを使う事で、約25円程度になるそうです。その次はウーロン茶などだそう。フリータイムのカラオケで、6時間居たとして、1時間あたり3杯以上飲めば、元はとれますが…飽きますね…。

●アルコール飲み放題→ビール・日本酒・ワイン

ビールはもっとも原価が高く158円だそう。しかし、これは大手の価格であり、個人経営ではもう少し高くなると思われる。大体、350円程度ではないだろうか?最近は、ビールは追加料金や発泡酒に変えるところも増えている。日本酒・ワインがついで150円程度だそう。日本酒もなんだかんだで高いみたいですね。ワインは安いワインも結構ありますけど、なかなか原価が高いみたいですね。

まとめ

原価を気にするのは大切ですが、実際に何を飲みたいかですよね。原価より、いろいろなものを一定の価格で味わえる感も一つの楽しみだと思います。フリードリンクも最近種類が増えています。バラ頼みだとかなりのお値段になっちゃいますしね。ちなみに、個人的には、お酒を頼むのは面倒でいつもビールにしてしまいがちですが、ビールが安かったり飲み放題でも、宣伝として使われているだけで、実際につまみの方である程度売り上げが上がるようになっているようです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)