SIMロック解除の義務化始まる。各種手続きと解除の利点は?

ついに総務省でSIMロック解除の義務化がスタートすることを発表した。そして、ドコモやau、softbankで解除の対象状況や手続きも発表している。なお、2015年5月より開始している。

SIMロック解除すると

携帯電話のSIMカードですが、総務省は、1日から発売される携帯電話端末について、利用者が希望すれば、SIMロックの解除に応じるよう携帯会社に義務付けました。このSIMロックですが、例えばA社の携帯を購入した場合、B社の回線は使えないよう設定されているものです。それを今後はロックを解除することで、利用者が格安の回線など様々な回線を選択できるようになります。(引用:テレ朝NEWS)

つまり、これからはauで買った携帯をそのままdocomoに持って行き契約も可能となるわけだ。新しい端末を購入しなくてもキャリアを行ったり来たりすることが可能となる。

各キャリアの手続き

SIMロック解除のご利用手続きについて(au)

SIMロック解除の手続き(docomo)

ソフトバンクモバイルの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除

まとめ

今月からSIMロック解除が全社で可能となった。ただし、iphoneなどの対象外機種があったり、キャリアによっては、5月1日以降に発売したものに限る場合もあるみたいだ。自分の機種がSIMロック解除対象であるかは要問合せ。また、契約によって位は、解約すると多大な違約金が発生する可能性もあるので、キャリアに聞いてみるといいだろう。

海外のSIMも使えるようになったり、国内外に向けて使用可能になるほか、格安SIMが使えることで、毎月の通信費をかなり節約することも可能になる。いま一度、ご自身の通信費を見直してみては?

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)