兼六園の営業時間と無料やお得に入園する方法

新幹線が開通して石川県金沢が話題になっています。金沢と言えば、兼六園が有名です。日本三大庭園とも言われる兼六園をお得に入園できる情報をお届けします。無料で入れたりもするので、知っておいて損はないですよ!!

兼六園とは

17世紀中期、加賀藩により金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とする江戸時代を代表する池泉回遊式庭園である。広さは約11.7ヘクタール。岡山市の後楽園と水戸市の偕楽園と並んで、日本三名園の一つに数えられる。1922年に国の名勝、1985年には国の特別名勝に指定されている。
金沢市の中心部に位置し、旧百間堀の底を道路とした百間堀通り(百万石通り)を橋で渡ったところの石川門から、金沢城を復元中の金沢城公園へと続いている。(Wikipedhia)

ちなみに他の日本三代庭園は、岡山市の後楽園、水戸市の偕楽園となっている。

兼六園基本情報

兼六園入園料

大人310円/小人100円

開園時間

3月1日~10月15日 7:00~18:00
10月16日~2月末日 8:00~17:00

兼六園をお得に楽しむ

1.兼六園・文化施設共通券「兼六園+1利用券」

kenrokuplusone

「兼六園+1(プラスワン)利用券」等の共通利用券があります。

兼六園ともう1施設を周ることができる券。使い方次第で30円~300円のお得があるぞ。

2.早朝無料開放がある。

兼六園と金沢城公園は早朝無料開放をしています。
3月1日~3月31日 5:00~
4月1日~8月31日 4:00~
9月1日~10月31日 5:00~
11月1日~2月末  6:00~
ただし退園は有料開園時間の15分前。

早起きして無料の兼六園も悪くないですね。

3.特別な日に行くと無料

年末年始(大晦日から元旦にかけては夜間も開放されています)
観桜期の1週間(開花の時期によって毎年変わります)
金沢百万石まつりの3日間。
8月14日~16日までのお盆の期間。
11月3日の文化の日。
定期的に行われている、「金沢城・兼六園ライトアップ」は入場無料。

特別な日に行くと無料になるのはありがたいですね。
何か特別なイベントに合わせて金沢に来たらチャンスですよ。

4.65歳以上無料

公的機関が発行する運転免許証・保険証等で年齢証明の提示が必要(コピー可)。その他にも学校団体や障害者等入園料免除の対象がありますので、気になる方は公式サイトでチェックしてみてください。

おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に。

5.兼六園の県民鑑賞の日(毎週土・日曜日)

石川県民は、毎週土・日曜日は入園料免除になりますよ。ただ、公的機関が発行する運転免許証・保険証等で県民である証明の提示が必要(コピー可)です。

県民は週末は兼六園に行くのもありですね。

6.ガイドをつける

兼六園のガイド(有料)のお問い合わせは、兼六園観光協会案内所 TEL. 076-221-6453
金沢城公園及び兼六園内のボランティアガイド (日本語・英語) についてはこちらをご覧ください。

兼六園を周る際に、専門の知識をもったガイドさんに案内してもらうのも楽しい。

おわりに

石川県の兼六園は四季に応じて様々な姿を楽しむことが出来ます。紅葉や雪吊りといった冬の景色もまた綺麗です。営業時間に気を付けて、無料で楽しんだり、かしこくお得に楽しんでみてはいかがでしょうか。

MORE

兼六園ホームページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)