金沢で山登りするなら白山に。日本三名山の魅力とアクセスや山小屋まとめ

石川県金沢市から、日本三名山の一つでもある白山。4県にまたがったその山は、「花の山」とも呼ばれており、登る最中にも多くの自然に触れることが出来る。石川県や金沢にきたついでに、山も登ってみてはいかがでしょうか。今回は、交通や、宿泊に関する情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
 

白山とは

白山(はくさん)は日本の北陸地方、白山国立公園内の石川県白山市と岐阜県大野郡白川村にまたがる、標高2,702mの山である。日本百名山、新日本百名山、花の百名山及び新・花の百名山に選定されている。最高点の御前峰(ごぜんがみね)には、一等三角点と白山比咩神社奥宮がある。 富士山、立山と共に日本三名山(日本三霊山)のひとつであり、石川県のシンボルの一つとされている。

アクセス方法

  :金沢駅から1時間30分~2時間。
バス:金沢駅から別当出合(登山口)まで2200円。

※バスの時刻詳細は「白山登山バス時刻表」を確認してください。基本的には、金沢駅からバスの利用が便利で一般的です。週末にはマイカー規制があります。バス時刻表に記載されていますのでご確認ください。規制中は、別途片道500円で登山口までアクセスができます。

日帰り登山か、宿泊登山か

1日で登って降りてくるのであれば、砂防新道・別当出合~室堂が登りで約4時間30分、下りは2時間30分。さらに、頂上まで往復1時間はかかる。日帰りせずに宿泊の場合、素泊まり5300円から可能となっている8月週末は込み合うので注意が必要。全日予約制となっているので、要注意。翌朝のご来光はオススメです。

山小屋一覧

白山室堂

murodo
白山室堂

頂上に近く、規模も大きい。多くの人が宿泊してご来光を見に行く。売店、攻守電話、郵便局完備、診療所。
宿泊料金
大 人     素泊 5,300 円
中学生以下  素泊 3,600 円
夕食(1,700円)/朝食(1,100円)/朝・昼弁当(1,100円)

白山雷鳥荘

raicho
白山雷鳥荘

2012年からは、個室でシャワー等も完備されている快適に過ごせる山小屋がオープン。
宿泊料金
4.5畳 (標準3人)  37,600円
6畳 (標準4人)  50,200円

南竜山荘

nanryu

南竜山荘

少し標高が下がる「南竜山荘」。頂上には少し遠いけれど標高2,080m登山初心者も安心して利用できる。
宿泊料金
大 人     素泊 5,100 円(2食付き7,900円)
中学生以下  素泊 3,600 円(2食付き6,400円)
夕食(1,700円)/朝食(1,100円)/朝・昼弁当(1,000円)
南竜ヶ馬場ケビン(貸小屋、1部屋定員5名様) 1部屋/12,400円、南竜ヶ馬場野営場 1人300円

おわりに

私自身も過去に何度も訪れたことがある白山。富士山にも登った事がありますが、荒野続きの山に比べて、白山は緑が多く景色を楽しみながら登ることが出来ます。時間はかかりますが、さほぼきついコースもないので、初心者にも優しい山となっています。登山後は、帰り道にいくつか温泉もありますので、汗だらけの体もしっかり流して帰ることが出来ますよ。是非、今夏は山登りをしてみては。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)