小松空港でビアガーデンが始まる。空、山、飛行機を見ながらのビールはいかが?

新幹線が開通して賑わう北陸・中部。そんな中、石川県の小松空港では、新たにビアガーデンを8月7日より開催する。金沢駅からもバスや電車でアクセスすることが可能です。空や山(白山)を見ながら、飛行機を見ながら、旅の疲れを癒すために、ビアガーデンを利用してみてはいかがでしょうか。

展望デッキにビアガーデン、小松空港の利用促進へ

北陸新幹線金沢開業に伴い、国内線の利用で苦戦が続く小松空港のにぎわい創出のため、7日から屋上展望デッキにビアガーデンが登場する。羽田便で東京へ戻るビジネス客が「軽く1杯」を楽しめるよう午後4時から営業し、落ち込みが大きい同便の利用促進を図る。デッキから離着陸する航空機の迫力ある音や雄大な白山の眺めを満喫でき、新たな魅力で小松空港に親しみを感じてもらう。(引用:Yahoo!ニュース)

国内線の利用で苦戦が続く小松空港が考え出したのが空港ビアガーデンなんですね。”デッキから離着陸する航空機の迫力ある音や雄大な白山の眺め”を見ながらのビアガーデンは面白そうです。

営業時間等

8月7日~9月26日(水曜定休)16:00~20:30

空港駐車場を利用の場合、4人につき1台分の駐車料金を無料
予約客には、ホテルサンルート小松から同空港へ車で送迎サービスあり。

料金等、詳しい詳細はまだわからない。
車でもアクセスができそうで、石川県民にも優しいサービスを提供してくれています。

他の空港でも実施していた!?

福岡空港ビアテラス

5/12~10/10まで、バイキング+フリードリンク(2980円~)で開催されている。7月8月はお昼も営業している。食事もお酒も空港で存分に楽しむことが出来るのは魅力的ですね。福岡空港は、主要都市にもアクセスがかなり簡単にできるので、都市からも気軽に楽しみに行けそうですね。

大分空港ブエナビスタ・ビアガーデン

今年は、7/23,24,25の3日間行われたビアガーデン。こちらもバイキング+フリードリンク(3500円)で毎年開催期間が限られてはいる。今年は既に終了しています。となると、現在営業されているのは福岡空港だけということなので、かなり小松空港もレアケースな空港となります。

おわりに

空港でのビアガーデンは3か所目となる小松空港。日本でも3か所しかないとなるとかなり希少です。今年は「屋上展望デッキ等改修工事リニューアル記念イベント」ということがあったこともあり、綺麗になった屋上で思う存分ビールを楽しむことができそうです。空港でビール片手に飛行機を肴にグイッっと一杯…魅力的ですよね。もっとアピールしていって、石川県の小松空港自体も有名になっていくといいですね。小松空港に訪れた際には、是非とも体験してみたいと思います。ちなみに石川県金沢市でビアガーデンをお探しの方は「夏、野外、金沢でビアガーデンに行けるお店5つまとめ」を参考にしてみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)