金沢で「シェア型複合ホテル」の新規事業が始動した。

石川県金沢市で今度は何が起きるのか。なんと今度は、「シェア型複合ホテル」ができるという。、宿泊施設、飲食店、シェアスペース、店舗等の複合ホテルとは、今までにない新しいカタチのホテルになりそうだ。

地域活性化を目指す「シェア型複合ホテル」プロジェクト始動

株式会社リビタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:都村智史)は、全国各地の老朽化した遊休不動産(オフィスビル等)を、用途変更を伴うリノベーションを施し、宿泊施設、飲食店、シェアスペース、店舗等で構成する「シェア型複合ホテル」へと再生、企画・プロデュースから運営事業までを手がける新規事業を始動した。(引用:HoteresOnline)

株式会社リビタとは、横浜市で「BUKATSUDO(http://bukatsu-do.jp/)」や東京で「the C(http://the-c.tokyo/)」を運営されている会社のようだ。

金沢はでは宿不足

実は、新幹線が開通してからも金沢では宿不足が深刻化している。「「北陸新幹線」人気過熱の陰で“副作用” ホテルが足らない、外国航空は減便」でも、その深刻さを紹介されている。その結果、既存のホテルも繁忙期になると多少なりとも強気になってきたりしているようだ。金沢には、観光客が行ける漫画喫茶も1件繁華街片町にあるだけで、他に夜に時間をつぶしたり休む所は少ない状態になっている。

金沢観光、泊るべき安くて便利な格安宿ゲストハウス10件まとめ」も参考にもう少し手軽に泊まれるホテルや宿に泊まりたい方はゲストハウスを探してみるのも一つの方法ではないだろうか。

コンセプトや内容は?

「日本の未来が宿る場。をつくる」

地域内外の多様な人々が集まり交流する活動拠点となる場、シェアスペースを特長として、「日本の未来が宿る場。をつくる」をコンセプトに、従来の宿泊施設にはなかった、新しいツーリズムやライフスタイルを生み出す「シェア型複合ホテル」を創出する。単に空間をシェアするだけでなく、地域の資源や魅力的なコンテンツ、価値を再発掘し、そこで活動するプレイヤーのアイデアや知識、ライフスタイルや価値観などをシェアする場、プレイヤーたちの活動のきっかけとしての場を提供することで地域の活性化を目指す。

そんな日本の未来が宿る場を、金沢でまずは取り組んでいこうとしるようです。

○「これからの旅や宿泊の新たなスタイルを実現するシェアスペース」

まさに、ゲストハウスに近い形のものが出来るのではないかなと思っています。しかしながら、そこには他にも複合ホテルとなり様々な交流や出会いが生まれる場になるかもしれません。

○「地域の魅力を再発掘するコンテンツ企画、プログラム」

これまでの金沢を別の視点から、さらに新たな金沢を日本中・世界中の届けてくれるグローバルなコンテンツ企画やプログラムを考えてくれるかもしれません。それと同時に、金沢という街にも何か変化を与えるかもしれませんね。

いつ?どこにできるの?

ひがし茶屋街、21 世紀美術館等へ各々に徒歩圏となる2か所に物件を取得。企画・プロデュースから運営を計画し、2016 年春から夏にかけ 2 棟開業予定。今後は、三大都市圏のエリアを含めながらも、京都、函館、岡山など、全国の地方都市にて積極的に検討。年間2、3 棟を目途に事業化を目指すとしている。

まずは、金沢なんですね!!

<2つの金沢のプロジェクト概要>

●(仮称)金沢橋場町シェア型複合ホテルプロジェクト
・所在地:石川県金沢市橋場町 116(google MAP「橋場町」)
・構造:鉄筋コンクリート造陸屋根/地下 1 階地上4階建
・建築年月:1966 年(築 49 年)
・延床面積:933.30 ㎡(282.32 坪)
・建築面積:231.00 ㎡(69.88 坪)
・用途予定:宿泊施設、付帯施設として飲食店、
シェアスペース、店舗併設
・開業予定:2016 年春

●(仮称)金沢上堤町シェア型複合ホテルプロジェクト
・所在地:石川県金沢市上堤町 2-40(google MAP)
・構造:鉄筋コンクリート造/地上 8 階建
・建築年月:1972 年 4 月(築 43 年)
・延床面積:2,835.00 ㎡(857.59 坪)
・建築面積:435.60 ㎡(131.77 坪)
・用途予定:宿泊施設、付帯施設として飲食店、シェアスペース、店舗併設
・開業予定:2016 年春から夏にかけて

おわりに

金沢には、先日の記事である「金沢にある旧ラブロが新しく「片町きらら」となって誕生。LOFTやH&Mなど若者も楽しめる商業施設に。」だけでなく、いよいよいろいろな施設が作られていくわけですね。まずは、橋場町である東茶屋街付近に、来年春オープン予定との事。観光客や旅行者だけでなく、地元民も喜んだり楽しむことのできる施設となっていってくれればいいなと思います。2005年と設立とまだ若いベンチャー企業が石川県に進出してくるというのもとても気になるところですよね。気になる方は、「株式会社リビタ」のWEBサイトもチェックしてみては。



1 個のコメント

  • 少々古いからと、簡単に撤去してしまうには惜しい建物も多いから、この再利用方は素晴らしい。
    欧米では、極く当たり前の事だが、わが国では、耐震対策が大変だろう。
    でも、市街地再開発の一環として期待している。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)