石川県金沢市の観光・旅行で絶対買うべき人気のお土産まとめ。

石川県や金沢の観光に来て、おみやげを買おうと思ったとき迷ってるあなた。女子に男子に、家族に恋人、友人に、和菓子はもちろんのこと、日本酒も悪くない。是非、観光や旅行のついでに金沢らしい絶対に買いたい喜ばれるお土産を選んでみてください。どれも、JR金沢駅で購入することができます

不室屋のお麩

加賀麩で有名な不室屋のお麩。お湯を注ぐだけで味噌汁に変身。麩の中に具が入っています。上品なお吸い物やお味噌汁が、とても簡単に楽しめます。お値段もリーズナブルで喜ばれる一品。

こちらのお店は「石川県金沢市、女性一人でも楽しめる手軽な夕食、ディナーのお店7つ」でもご紹介しました。

ふやき・おーれ

カフェ 百番やのふやき・おーれはちょっとお洒落な麩を使ったシリアル。麩の中にシリアルが入っているので、牛乳を注ぐと朝食になってしまいます。手軽な朝食にもなりますし、いろいろな味が楽しめるのもまたいいですね。

圓八のあんころ餅

竹皮で包まれた感じが懐かしく、350円と値段も手頃。(引用:壊れた赤のハラペコ日記)

圓八のあんころ餅は、私も大好きな一品。消費期限は少し気にしなければいけませんが、笹皮を開くとあんこの塊。その中に、餅が隠れています。圓八は石川の和菓子の銘菓でもあり、味も抜群。探すのも楽しめて、お土産にも喜ばれる品です。

中田屋のきんつば

中田屋のきんつばも金沢の銘菓。多くの人がお土産に購入していく。粒の小豆がたっぷり詰まっている。お茶と一緒に頂きたい一品。

芝寿司の笹寿司

芝寿司の笹寿司も定番。地元民も良く食べます。押し寿司になっていて、ご飯もたっぷり詰まってます。笹の香りと酢飯と魚のおいしさが口に広がります。

日本酒

左から「手取川」「宗玄」「天狗舞」とそれぞれ石川県の地酒でも有名な銘柄。日本酒にも吟醸や大吟醸などいろいろな種類があり、値段が異なる。720mlで安ければ1500円程度で購入できるものもある。

YUKIZURI

(引用:加賀屋レストランシステムセレクトショップ)

石川県出身の世界的にも有名なパティシエ辻口博啓さんが石川県を代表する「兼六園の雪吊り」をイメージし、卵・塩・米など地元の食材をふんだんに使った焼き菓子です。

甘納豆かわむら

つやつやふっくら、
やわらかいのに崩れた粒がなくて
とってもキレイ

ん〜美味しいですね〜(^∀^)
抹茶アイスにものせてみたい。
ごちそうさまです。(引用:金沢新聞おとめ記者)

金沢には3つの茶屋街がありますが、その一つにし茶屋街にある甘納豆の有名なお店かわむらの甘納豆は絶品。見た目も可愛らしくお洒落なパッケージも特徴的。

ほうじ茶

石川県では良く飲まれているというほうじ茶。中々県外の方は飲む機会と思います。和菓子と一緒に…一緒にお茶を飲みながら土産話に…いろいろと使えそうですね。

金箔・工芸品・美容品

石川県の金箔のシェア率は99%と、ほぼすべてが石川県のものです。そんな石川県だからこそ金箔関連のものを買っていけば、話のネタにもなるかも。女子へのお土産に金箔はゴージャスでちょっと特別な気持ちにさせちゃうこと間違いなしですね。

金沢カレー各種

金沢のB級グルメの定番と言えば金沢カレー。そんな金沢カレーをお土産にしたいのであればレトルトのカレーもあります。一度食べると癖になるスパイシーな金沢カレーは是非ご自宅で。いくつかの金沢カレーの店舗がありますので、味比べするのも楽しいですね。

金沢カレーまとめ、市民も通う金沢カレー屋さん7件。」も参考にしてみてください。

ふぐの卵巣

ふぐの糠漬・粕漬は、石川県の名産品のひとつ。意外と知らなかったり、食べたことがない人も多いのではないでしょうか。このふぐの子は石川県でのみ製造許可されている、幻の珍味ともいわれています。駅で買えるほか、もう少し安く買いたいのであれば、近江町市場へ行って購入するといいでしょう。

ちなみに近江町市場では美味しい海鮮・寿司も楽しめます。「金沢の近江町市場で朝食、ランチ、安くて美味しいお寿司屋8件」も参考にしてみてください。

おわりに

金沢には多くのお土産があります。今回紹介しきれなかった商品もたくさんあります。是非とも、金沢観光だけでなくいろいろなお土産や工芸品を吟味して、自分や友人、家族へのお土産にもちょっとこだわってみてはいかがでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)