金沢観光名所、21世紀美術館。営業時間や料金と無料での楽しめる魅力。

石川県金沢の観光をしようと思ったときに、21世紀美術館は外せません。「美術館は興味ないから」そんな風に思う人にも是非足を運んでほしいのが21世紀美術館。ここでは、美術やアートに多少興味がなくても楽しめるような場所になっています。歴史的な場所が多い金沢ですが、ちょっと間に近代的な場所に訪れてみることは気分転換にも良いですよ。美術館苦手って人にこそ、まずは足を運んでほしい所です。

21世紀美術館とは

金沢21世紀美術館は、石川県金沢市広坂にある現代美術を収蔵した美術館。愛称はまるびぃ(由来は「丸い美術館」)であるが、一般的には「21美(にじゅういちび)」と呼ばれることが多い。
もと金沢大学附属中学校・小学校・幼稚園があった場所に、2004年10月9日に開館した。観光客の多く立ち寄る兼六園の真弓坂口の斜め向かいに当たり、金沢城を復元中の金沢城公園の入口からも近い。繁華街の香林坊や片町からも徒歩圏内にある、市の中心部に立地した都心型の美術館。周囲には金沢能楽美術館、石川近代文学館、石川県立美術館、石川県立歴史博物館などテーマの異なる芸術関連施設があり、文化ゾーンを形成している。(引用:Wikipedia)

立地のお話が多いですね。建物自体も非常に魅力的なデザインになっています。

営業時間と料金

2つのゾーンに別れています。

展覧会ゾーン:10:00〜18:00
(金・土曜は20:00まで)
展覧会ゾーンは月曜日(祝休日の場合は翌平日)、年末年始は定休日。
展覧会ゾーンへの入場は展覧会観覧券(有料)が必要です。
各種チケットの金額や催しは21世紀美術館公式WEBサイトの「展覧会/イベント」ページでチェックしてみてください。全国的にも注目されるような展覧会/イベントも行っています。
交流ゾーン:9:00〜22:00
*各施設の開室時間は異なります。
*チケットの販売は閉場の30分前で終了。
美術館の建物への入館(交流ゾーン)は無料

また、お金がなくても交流ゾーンだけでも十分に楽しむことが出来ますよ。

交流ゾーン(無料エリア)の魅力

スイミング・プール

雲を測る男

緑の橋

ラッピング

※すべての写真は「21世紀美術館公式WEBサイト」より転載

おわりに

どうでしたか。写真を見ていると、「こんなところがあるんだ!」「行ってみたい!」ってなった方も多いのではないでしょうか。いろいろな近代アートが楽しめるほか、子どもたちも楽しめそうな遊具とアートの融合した広場もあります。家族からカップル、友人と幅広い世代の方で毎日賑わっています。歴史的な建造物ばかりでなく近代的な観光地も楽しむことができますよ。是非とも金沢に来た際は訪れたい観光地です。

MORE

21世紀美術館公式WEBサイト
金沢21世紀美術館(AllAbout)
金沢21世紀美術館の館内写真集(Naverまとめ)
金沢21世紀美術館の見所まとめ!訪れたい美術館ランキングの常連!(find travel)
金沢21世紀美術館 まとめ(キナリノ)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)