大安吉日とは。六曜の意味と解説、向いていること

大安吉日と言うよに、昔から日本ではその日がどんな日かを気にする人が多いですよね。それに合わせて新規事業や開業、開店、挙式や、葬式を行ったりされる日本の文化となっています。六曜の意味も合わせてご紹介します。

そもそも、大安とは、六曜(ろくよう・りくよう)という中の一つです。

六曜とはなんなのでしょうか。

六曜(ろくよう・りくよう)は、暦注の一つで、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種の曜がある。日本では、暦の中でも有名な暦注の一つで、一般のカレンダーや手帳にも記載されていることが多い。今日の日本においても影響力があり、「結婚式は大安がよい」「葬式は友引を避ける」など、主に冠婚葬祭などの儀式と結びついて使用されている。六輝(ろっき)や宿曜(すくよう)ともいうが、これは七曜との混同を避けるために、明治以後に作られた名称である。(Wikipedia)

中国から伝わった暦らしくていつ頃からかは不明だそうだ。

六曜の意味

先勝 (せんしょう/さきかち)

先んずれば勝つ。早ければ良い。何事も急ぐことが良い。
午前中は吉で午後は凶。
※訴訟にも向いているそうです。

友引(ともびき)

凶事に友を引く。友を引く日で、勝負事も何事も引き分けになる。
朝晩は吉、正午のみ凶。
※祝い事が向く。葬儀や凶事は向ていない。

先負(さきまけ/せんぷ)

先勝の逆で先んずれば負ける。勝負事や急用はなるべく控え、何事も控え目におとなしくしていると良い。午後からは運気が上がる。
午前中は凶、午後は吉。

仏滅(ぶつめつ)

仏も滅するような大凶日。すべてに凶。おとなしくしておく日です。
※特に結婚式、祝儀、法事などは良くない日。

大安(たいあん)

大いに安し。何事もすべて吉。
※新規開業、開店、結婚式、祝儀などに特に良い日。

赤口(しゃっこう/せきぐち)

陰陽道の「赤舌日」という凶日。火の元、刃物を使う人は要注意とされる日。
正午は吉、朝夕は凶。
※新規開業、事業、祝い事には大凶とされている。

六曜カレンダー

六曜の日は、カレンダーや手帳の多く書かれています。いくつかのサイトでもご紹介しています。

himekuri

日めくりカレンダー.com

今日は何の日?日にちに関する小ネタもたくさん載っています。

その他
六曜・月齢・旧暦カレンダー
結婚式準備完ペキマニュアル2015(ゼクシィ)
便利.com

おわりに

いろいろと六曜について調べてみたものの、六曜と仏教とは一切関係ないそうです。だから、お寺や神社、皇室で行う祀りごと・行事も、六曜とは関係なく行っています。

明治時代以降、「吉凶歴は迷信である」として、多くの吉凶歴が禁止された中、六曜だけは取り残された結果、今でも、カレンダーに記述されています。そして多くの国民が信じている迷信ともいえるそうです。

占いと同じで信じるか信じないかはその人次第。つまり、あまり気にせずに過ごすべきですね。しようとおもったこと、やろうと思ったこと、わざわざ六曜を気にしている時間は必要ない事をしれば、より生活しやすい世の中になるかもしれません。

MORE

大野湊大社
厄除け・厄払い
今日の六曜は?意味は?
マナーの辞典
豆知識PRESS
六曜と日取りの決め方(冠婚葬祭そうなんだ)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)