映画「劇場版MOZU」待望のドラマの続編公開。豪華キャストや公開日はいつ?

11月7日公開の劇場版MOZUはTBSとWOWOWの共同制作テレビドラマシリーズで話題となったMOZUの最終章を描くサスペンス映画。多くの人が続編を待望していた。主演の西島秀俊、香川照之、真木よう子らを始め、劇場版では、北野武(ビートたけし)を迎えたとなっている。豪華出演者を迎えて盛り上がる劇場版MOZUに迫る。

スポンサーリンク
 

ファン待望の劇場版MOZUが公開される。

mozueiga

「映像化不可能」と言われた逢坂剛のハードボイルド小説を、『海猿』シリーズを手がけた羽住栄一郎監督が革新的な映像表現でテレビドラマ化した『MOZU』シリーズ。ファンの熱い期待に応えて、シリーズ最大の謎と死闘を描いた『劇場版 MOZU』がまもなく公開される。(引用:オリコンスタイル)

映像不可とも言われていた作品を見事に映像に変えてテレビドラマとして放送されたMOZU。私自身もこの作品のファンで、西島秀俊をはじめとする俳優陣の演技や映像に、一気に世界観に巻き込まれた。

MOZUってどんな作品なの?

倉木尚武(西島秀俊)は爆破事故で亡くなった妻千尋(石田ゆり子)がなぜ死ななければならなかったのか、叩き上げの刑事大杉良太(香川照之)、公安部の明星美希(真木よう子)と一緒に事件を追うことになります。大きな事件には必ず関係するという都市伝説の「ダルマ」とは一体何なのか、3人は思いもかけない大きな事件に巻き込まれていくことになります。

ドラマシリーズでは、倉木はなぜ妻が死ななければならなかったのか、その謎を解くため多くの手がかりを自ら集める事となる。その中には、公にはされていない事実も多く隠されていたりした。

色々な事件を調べる中で「ダルマ」というキーワードがつきまとっていた。視聴者側としてもきになる「ダルマ」の正体や意味が今劇場版では迫っていき、最終章となる映画となっています。

小説で作品を知ることもできるので、本が好きな人は本でも読んでみては?

MOZUレジェンド

無料動画でお馴染みGYAO!ではMOZUレジェンドとして、テレビドラマシリーズを簡潔に再編集された作品を無料で見ることができる。

MOZUレジェンド

mozurege

豪華出演者

西島秀俊:倉木尚武

「劇場版MOZU」オフィシャルガイドブック

香川照之:大杉良太

幻の翼 (百舌シリーズ) (集英社文庫)

真木よう子:明星美希

さよなら渓谷 [DVD]

ビートたけし:ダルマ

アウトレイジ ビヨンド [DVD]

伊勢谷友介:高柳

社会彫刻

松坂桃李:権藤

ツナグ(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)

Instagramで豪華メンバー集結

伊勢谷友介さんがInstagramで、MOZUの豪華出演者との写真をアップし話題に。

映画予告

予告を見るだけでも早く劇場に足を運びたくなりますね。

CMにもMOZU

11月1日よりWOWOのCMでもMOZUとの連動が始まる。

wowowcmmozu

株式会社WOWOW(本社:東京都港区、代表取締役社長田中晃、以下「WOWOW」)は、西島秀俊さん、長澤まさみさん、ピエール瀧さんを起用した新TV-CM「WOWOWの良さ」篇、「MOZU」篇を2015年11月1日(日)からオンエア開始いたします。(出典、引用:CMJapan)

こちらのCMも楽しみですね。

スピンオフある。

mozusabu

11月8日、15日にはスピンオフもWOWOWで放送される。

倉木刑事の相棒、大杉(香川照之)を主役にしたドラマ「MOZUスピンオフ 大杉探偵事務所」が11月8日(日)、15日(日)にWOWOWで2週連続放送されるなど、謎めいた「MOZU」ワールドはいまだ進行中。(引用:楽天WOMAN)

香川さん演じる大杉のスピンオフなんてのもすごく面白そうですね。詳しくは、「WOWOW MOZU PROJECT」にて。

おわりに

いよいよ待ちに待ったMOZUの最終章が劇場公開されると言う事で、個人的にもかなり楽しみにしています。

石川県の映画館では金沢フォーラス、御経塚イオン、金沢イオン、金沢コロナ、ユナイテッドシネマ金沢、かほくイオンとほとんどの劇場で公開されますので、是非ともこの機会にテレビシリーズも見返したりして、気持ちをあげて劇場に向かってみてはいかがですか。

また、これに合わせて紹介しきれない多くのコラボコンテンツもありそうです。ファンは公式サイトなども要チェックですね。

MORE

『劇場版 MOZU』公式サイト
WOWOW MOZU PROJECT
TBS MOZU
怪演再び!?池松壮亮vs松坂桃李のスゴすぎる演技合戦
『劇場版MOZU』あらすじ・キャスト紹介【謎のダルマの正体を追え】
松坂桃李インタビュー『“攻め”の現場―― 妄想癖のある自分には贅沢な空間』



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)