冬の金沢観光は武家屋敷跡(長町)で薦掛けを体験・見学しに行こう

北陸新幹線開通後の冬の金沢が近づいています。観光やデート、旅行で訪れたい金沢の武家屋敷跡(長町)も冬支度。薦掛け(こもがけ)が行われます。「薦掛とは何?」と思った人も多いと思います。金沢在住の自分も知りませんでした。雪吊りだけじゃない冬の金沢の魅力、薦掛けが今月行われます。無料体験や、見学も行えるので是非行ってみては?

スポンサーリンク
 

薦掛け(こもがけ)とは

薦掛け(こもかけ)は、土塀を雪から保護するために藁を編んで作ったもので、浸透した水分の氷結による損傷や、付着した雪による土の剥がれを防いでいます。毎年12月から雪解け後の3月中旬まで設置され、「金沢の冬の風物詩」となっています。(引用:いいね金沢)

薦巻き(こもまき)は木に巻くものなんですが、薦掛けは土壁を雪から守るために掛けるもの。雪国ならではの知恵ですね。雪吊りで有名な金沢ですが、薦掛け(こもがけ)も一つの魅力ですね。

実際の様子

朝から兼六園を撮りに行っていましたが、せっかくの機会なので、春の雪の積もった金沢らしい風景ってことで、長町界隈を散策しました。
散策と言っても小さな町なので、15分もあれば見て回れます。(引用:まっさの日々ウェザーな暮らし)

こんな感じに、風情ある町並みに変わりますよ。雪が多いと、道にも雪が残ります。

薦掛け(こもがけ)体験しませんんか?

今年は、12月5日(土)、6日(日)にこの作業が行われます。そして、この作業に無料で参加したり、作業を見る事も出来ます。長町の変わりゆく様子を是非とも見に行ってみてはいかがですか。

受付時間は5日(土)、6日(日)ともに10:00~11:00、13:00~14:00で行っており、無料で飛び入り参加できる。詳細は長町武家屋敷跡~土塀の薦掛け~または、金沢市景観政策課(076-220-2364まで)

アクセス、場所は金沢老舗記念館横の広場

JR金沢駅から
JR金沢駅バスターミナル
【東口】7〜10番 【西口】5番
乗場より「香林坊(アトリオ前)」下車(所要約10分)、徒歩約5分

おわりに

12月に入り冬の魅力は何?って感じている人も多いはず。雪吊りだけでなく薦掛け(こもがけ)にも注目して観光するとさらに楽しむことができそうです。また、実際に、一緒に薦掛け(こもがけ)をすることで、金沢での素敵な思い出にもなるかもしれません。是非、時間が合う方は、参加してみてはいかがですか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)