結婚式の時のご祝儀や祝儀袋の書き方包み方とか、ゆとり世代の疑問。

初めて結婚式に呼ばれた人も多いはず。そんな自分も先日仲の良かった友人の結婚式へ。ご祝儀や、マナーなどいろいろとつたない中参加しましたが、改めてまとめてみたいと思います。是非、ゆとり世代の人たちも参考にしてみてはいかがですか。ご祝儀袋の中袋書き方や、金額、種類など必要最低限抑えておきたいマナー祝儀袋の準備うをまとめて紹介

ご祝儀はいくら出せばいい?

上の様な金額となっております。自分も、初めての友人の時には3万円を包んで参加しました。奇の金額を入れることが基本です。理由は、割り切れないから、別れることがないと言われたりもしています。また、結婚式での料理はおひとり1万~2万円、引き出物を1万円と考えるとかなり妥当な金額なので、気持ちがあり、お金に余裕がある人は5万円包んであげると喜ばれるでしょう。

祝儀袋

祝儀袋って色々な金額とデザインがあって迷いますよね。僕も迷いました。でも、それぞれの金額に合わせて選べるようになっています。基本的には、大体、包む金額の1%相当の袋を選ぶと良いと思います。見栄を張って、袋だけ豪華なものにしないように、気を付けましょう。

ちなみに、最後の上包みも間違えないように気を付けてください

祝儀袋って捨てられてしまいますが、ハンカチならその後も使用できます。ちょっと粋で嬉しいですよね。こんな祝儀袋もありですよね。

風呂敷として使えちゃうタイプも。

無難ならここらへんでしょう。

中袋の書き方

①左は表面。

金額は、漢数字で書きましょう。

②右は裏面。

左下に住所と氏名を書く。のり付けも不要です。※包み式の中袋で「封」と印刷されている場合は、のり付け。

当たり前ながら、お札の向きを揃えます。 中袋を開いたときに、お札の表(肖像面)が上になるように入れる。入れるお金は新札という事も、お忘れく。

書くときは、ボールペンじゃなく筆で。

こういうの一式持っていると素敵ですよね。

ご祝儀袋には全て筆で記入しましょう。ボールペンでの記入は失礼ですし、気を付けましょう。手軽な筆ペンもありますし、ちょっといい筆を買ってもいいと思います。もちろん、字を書くときも丁寧に書きましょう。

ふくさも必要

慶弔でそれぞれ使い分けが必要。セットで売っているので、揃えて買っておいたほうがいいでしょう。

最後に、やっと包んで終了ではなく、そのご祝儀を包んで持っていくことも大切です。”ふくさ”というものがあります。これは、冠婚葬祭の際に使うふろしきのようなもの。

包み方にも気を付けましょう。

まとめ

・友人には3万円を包む
・新札を準備する。
・祝儀袋は、派手すぎないもの選ぶ。(200~300円程度のもの)
・中袋の金額は漢字で書くこと。
・向きをそろえて、肖像を表にしてすべて揃えて入れること。
・筆で書くこと。ボールペンNG。
・上包みをする。
・ふくさを準備して包む。

おわりに

自分自身も、毎回結婚式の度に、考えてしまう祝儀袋のマナー。ある程度まとめてみましたが、いかがだったでしょうか。日本には昔から根強い文化やマナーがあります。ゆとり世代や若い人たちにとってはどんどん薄れつつあるものの、こういった冠婚葬祭のマナーは、多くの世代が集う場でもあるため、しっかりとしたマナーを抑えたうえで、望みたいものですよね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)