初詣をする理由、初詣の意味って何?

年末年始、実家や、旅行で楽しむ方も多いと思いますが、多くの人が行う初詣。元日や、年初めのお正月や三が日行く人も多いでしょう。実際に初詣をする理由や意味ってなんなのか考えたことありますか。若い者などっで行く人が減っているともいわれる初詣の歴史や、人気参拝神社・寺のランキングなど、初詣の理由や意味について調べてみました。

初詣とは

年が明けてから初めて神社や寺院などに参拝する行事。一年の感謝を捧げたり、新年の無事と平安を祈願したりする。初参・初参り(はつまいり)ともいう。

元々は「年籠り」(としこもり、としごもり)と言い、家長が祈願のために大晦日の夜から元日の朝にかけて氏神の社に籠る習慣であった。やがて年籠りは、大晦日の夜の「除夜詣」と元日の朝の「元日詣」との2つに分かれ、元日詣が今日の初詣の原形となった

江戸時代末期までの元日の社寺参拝としては、氏神に参詣したり、居住地から見て恵方にあたる社寺に参詣(恵方詣り)したりといったことが行われた。「年籠り」形式を踏まず、単に寺社に「元日詣」を行うだけの初詣が習慣化したのはそれほど古い時代ではなく、明治中期のこととされている。

また、氏神や恵方とは関係なく、有名な寺社に参詣することが一般的になった。俳句で「初詣」が季語として歳時記に採用されたのは明治末期であり、実際に「初詣」を詠んだ俳句が登場するのは大正時代以降であるという。また現在でも、除夜に一度氏神に参拝して一旦家に帰り、元旦になって再び参拝するという地方がある。これを二年参りという。

(引用:Wikipedia)

氏神」とは、神社の神様のことで、同じ地域(集落)に住む人々が共同で祀る(まつる)神様のことです。

鉄道の発展により明治時代中期から始まった

鉄道が普及した明治時代中期以降に、鉄道会社間で正月の乗客を誘引するために宣伝合戦とサービス競争として行われ始めた。

当初は鉄道による有名社寺への「恵方詣り」が便利であると押し出されていた。年ごとに変わる恵方(良いとされている方角)に対して「初詣」という言葉がよく使われるようになる。

大正時代以後は、恵方(良いとされている方角)を使わずに、「初詣」が使用されるようになったそうだ。

いつまでに行けばいい、行く意味は?

一般的には、三が日、あるいは1月中。

ただし、特に決まっていない。元旦や、三が日のイメージもあるが、まったく関係なくて、最初に行ったことが初詣となるそうです。とはいえ、1月半ばまでにはいきたいですよね。

とりあえず、1年最初のご挨拶。

もちろん、それぞれ今年の願いなんかをもって初詣に行く人も多い思いますが、基本的には、親せきなどに挨拶回りをするように、「神様にも挨拶を」という意味合いもあるみたいです。

初詣は神社と寺どっちなの?

初詣の対象は神社・寺院のいずれでもかまわないとされている。これは明治時代初期に神仏分離が行われる前は、神道と大乗仏教、ならびに祖霊信仰が一体化した神仏習合による信仰が一般化していたためである。つまり、初詣に限らず寺社への参詣に神道・仏教の区別は無いとされていたことの名残である。

ということで、神社でもお寺でもいいそうです。

人気の参拝神社・寺は?

1位 明治神宮(東京)
2位 成田山新勝寺(千葉)
3位 川崎大師 平間寺(神奈川)
4位 浅草寺(東京)
5位 鶴岡八幡宮(神奈川)
6位 住吉大社(大阪)
7位 熱田神宮(愛知)
8位 武蔵一宮 氷川神社(埼玉)
9位 太宰府天満宮(福岡)
10位 生田神社(兵庫)

初詣人出ランキング|初詣特集2017 – ジョルダンの季節特集」によると、ランキングは上位のような結果に。やはり、首都圏に人口が多いように比例してますね。あなたは、どこまで行ったことがありますか?

おわりに

いろいろ調べてみましたが、意外と初詣って古い風習ではなかったことに驚きました。また、ここ最近の若い人たちの中では、初詣自体も必ず行っているわけではなく、徐々に風化していっている部分もあるようです。とはいえ、お正月のイベントの一つとして、こたつに籠るのではなくて、家族や、友人、恋人と、今年一の願いをお願いして、おみくじを引いてみてはいかがですか。

石川県金沢市内にある初詣神社をまとめてご紹介。年末年始に観光などで旅行に来た人、そして金沢市民の人も行けちゃう神社。元旦、元日、初詣はどこに行こうか悩んでい...

石川県の金沢市内で初詣に行ける場所まとめてみました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)