漫画家がプロデュースする。金沢に女性呼ぶ「ステキ男子」募集

石川県金沢市、北陸新幹線開通後も観光客の誘致に力を入れていますが、今回は女性を呼ぶことができる「ステキ男子」を募集して、金沢に来る女性観光客を増やそうという取り組みが発表された。優秀な10人には、以前ドラマ化にもなった「東京タラレバ娘」の漫画を描く漫画家東村さんのサイン色紙が贈呈される。金沢のステキ男子を探してみては?

かなざわ女子恋(来い!)プロジェクト

金沢市は、金沢美術工芸大出身の漫画家、東村アキコさんプロデュースの「かなざわ女子恋(来い!)プロジェクト」を始動する。市のブランドイメージ戦略の一環。旅行好きの若い女性が金沢に会いに来たくなる「かなざわステキ男子」の写真を全国から募集し、市のPRに役立てていく。(引用:毎日新聞

今月下旬から募集を開始するというプロジェクト。「なんなん?」という金沢弁を出しながら調べてみると、金沢美術工芸大学出身の方が金沢市とコラボして行うプロジェクトなんですね。それにしても、ぶっ飛んだプロジェクトですね。

東村アキコさんとは

宮崎県生まれ。宮崎県立宮崎西高等学校を卒業後、金沢美術工芸大学美術科油絵専攻に進学。大学卒業後、会社員生活の傍らで漫画の創作活動を開始し、1999年『ぶ〜けデラックス』NEW YEAR増刊にて『フルーツこうもり』でデビュー。

主演が吉高由里子さん、大島優子さん、榮倉奈々さんやドラマにもなった東京タラレバ娘、結構話題になっていたようなイメージもあります。この機会に、彼女の作品をちょっとよんでみたくもなりました。まだ見ていない人は、レンタル開始したらぜひ借りてみては?

このほかにも「[まとめ買い] かくかくしかじか(マーガレットコミックスDIGITAL)」という漫画も書いていてKindle版ですがまとめ買い・一気読みも可能ですよ。

金沢ステキ男子とは

「かなざわステキ男子」とは、市によると「金沢のまちの魅力を支えている、深い人間性や味わいを感じさせる男性」のこと。例えば、近江町市場で新鮮な魚を売る店員や、地元で制作活動に打ち込む芸術家など、年齢を問わず、人を引きつける力と金沢らしさを兼ね備えた男性を指す。(引用:毎日新聞

例えばというか、結構近江町のお兄さんに集約されているような気もする。金沢らしさの映える男性がいるとすれば、近江町、東山、長町武家屋敷あたりかな?それとも、イケイケだったら片町・香林坊エリアにたくさんいそうだけど笑

応募方法

今月下旬開始予定。

1.ステキ男子の写真を、全国の18歳以上の女性からメールで投稿してもらう。

2.金沢市が専用の写真共有アプリ「インスタグラム」を開設し、応募作品を随時公開していく。

3.東村さんが10月に審査、来年1月に結果発表を行い、優秀な作品約2点をイラスト化。

4.市のPR活動に利用する。他にも良作約10点に、東村さんのサイン入り色紙を贈呈する。

おわりに

ということで、金沢で頑張るステキ男子のあなたや、あなたの彼氏・友人がいればどんどんゴリ押ししてあげましょう!

新幹線が開通してから、女性観光客がすごく増えたなって個人的に感じています。もともと女性観光客が多いイメージもありますが、このプロジェクトを筆頭に、さらに多くの女性観光客がきていただけると嬉しいですね。

最近は着物や浴衣レンタルのお店も増えており、金沢市内を着物や浴衣を身に着けた女性もちょこちょこ見かけることがあります。是非とも風情ある街並みを着物や浴衣を来て楽しんでいってもらえると嬉しいですね。

関連記事

金沢に女性呼ぶ、「ステキ男子」を募集へ
「ステキ男子」写真を募集 東村さんプロデュース イメージ戦略



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)