金沢オクトーバーフェスト2018が今年も開催!金沢でドイツを楽しもう!

2018年8月24日〜9月2日まで、金沢市のいしかわ四高記念公園にて平日は夕方から、土日はお昼から毎日開催している。金沢オクトーバーフェストは、本場ドイツ・ミュンヘンの雰囲気が味わえるイベントとして開催しており、普段飲めないような変わったビールから本場ドイツの生ビールや、おいしいソーセージまで楽しむことができるイベントとなっています。

スポンサーリンク
 

オクトーバーフェストとは

「オクトーバーフェスト」は1810年以来、ドイツ・ミュンヘンで毎年秋に開催される世界最大のビール祭りです。

毎年9月下旬から10月初旬の約2週間、会場には数千人を飲み込む幾つもの巨大テントのビアホールが立ち並び、その中では世界中から集ったビールファンが1リットルジョッキ片手に大いに飲んで・歌い・踊る、活気溢れるイベントです。期間中は600万人を超える人々が訪れ、660万杯以上のビールと30万食を超えるソーセージが消費されています。

金沢オクトーバーフェストは、本場ドイツ・ミュンヘンの雰囲気が味わえるイベントとして開催します。(引用:MRO公式サイト)

ビールの国ドイツで毎年行われているオクトーバーフェストを日本各地でもやりましょうってことで、夏の定番全国各地で行われています。イベントじゃないと飲めないようなレアなビールなども飲めることもあります。

日程やアクセス方法

開催期間は2018年8月24日(金)〜9月2日(日)入場無料

平日 16:00〜21:00
土日 11:00〜21:00 (L.O.20:30)
※雨天決行。荒天時中止。

場所は「いしかわ四高記念公園(旧 石川県中央公園)」

住所:石川県金沢市広坂2丁目2番

21世紀美術館や、しいのき迎賓館、片町の近くで2次会なども行きやすい。
オクトーバーフェスト2018公式サイト(MRO)

システム紹介

上記にもあるように、グラスを借りる(デポジット)制度になっており、保証金を預けてグラスを借りる。

そのグラスで欲しいビールを入れてもらい飲むこととなる。

帰りにグラスを返せば保証金は帰ってきます。

ドイツビールって?

ドイツビールをせっかく飲むなら、この3種類があることを知っておきましょう!

通常のビールは大麦ですが、ヴァイツェンは、小麦を使用したビール。香りがフルーティで、口当たりもマイルドです。

色でもわかる通り黒ビール。焦がした麦芽を入れて作るのが黒ビール。スモーキーな香りで、旨みがギッシリと詰まっています。

日本で飲まれるのはほとんどこれ。ドイツでも65%以上のビールはピルスナー。

毎日開催される音楽ステージでテンションもあがる

ボーホー&カレンダーバンドが毎日演奏されて、ちょっとした外国気分も味わえる。日によっては会場が1つになる盛り上がりを見せる日もある

今年の様子

 

TDRとかUSJに匹敵…いや、越えてんじゃね?(笑) 楽しー!

akihiro miyamotoさん(@mymtakhr)がシェアした投稿 –

こんな感じで盛り上がりますよー!

 

雰囲気を味わう所だよねーw

Kenichi Takataさん(@genki_souzou)がシェアした投稿 –

ちょっとした海外気分が味わえる雰囲気も楽しめる一つですよ!

おわりに

既に参加したことがある人も、まだ参加した事のない人も、今年は参加してみてはいかがですか?

ビールは1杯あたり1000円~おつまみも500円~の予算になるので、軽く飲んで2次会行くとか、先に飲んでから行ってみるなんてのもありですね。

年に一度のオクトーバーフェスト金沢の雰囲気を是非体験してみてください。

もしかしたら、素敵な出会いなんかもあるかもしれませんよ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)